元彼復縁相談|六本木OBERON

恋愛結婚|恋愛出会い



雑誌掲載の恋愛結婚鑑定のOBERONです。
幸せを目指すのであれば、最初に100%好きな男性をイメージすること。
一点の妥協なく追い求める姿勢がないと、妥協して躓くのです。
過去の経験で分かるように、どうせとか、こんな感じかも、とかの満足のフリをしてはいけません。
返って無駄な時間になります、行動と信念を変えないこと、実際はそんな単純なことです。
結婚や出会い恋愛も単純なことです。 妥協は不幸への始まりです。
匿名でも大丈夫です、是非お会い致しましょう。
*****************************************************
対面カウンセリングと瞑想・浄化セミナーがあります、
共にお電話で予約をお願い致します。
サロン 東京都港区赤坂9-6-28 
アルべルコ乃木坂
ご予約受付時間 AM10:00~PM23:00
営業時間     AM11:00~PM24:00
詳細や料金は自社サイト下記から参照下さい。
(宗教・医療・販売は致しません)
********************************************************

コラム 
シングルマザーが増えているという話をよく耳にしますが、それってホントなのでしょうか?
政府の統計によれば、2010年のシングルマザー総数は108万2千人と100万人を大きく超えています。2005年の107万人2千人と比べると、5年間で1万人の増加となっています。なかでもとくに未婚のシングルマザーが急増しているそうです。

シングルマザーでもっとも多いのは35歳~39歳の女性。まだまだ恋愛も結婚も出産もできる年齢です。できれば素敵なお相手と巡り合い、お子さんと共に第2の人生を楽しみたいとお考えの方も多いと思います。

でもシングルマザーが自由な恋愛を楽しむには、さまざまなハードルを乗り越えなければならないのが現実のようです。「自分が誰かと付き合うことを子供はどう考えるだろうか?」と心配になったり、「男性はバツイチ子持ち女性をどう思っているのか?」と気になったり。なにも考えずに、自由に恋を楽しんでいたときとはまったく状況が違っているからです。

1人で家庭を支え、子育てをしている女性が恋愛を楽しむことを難しくしているのは、生活にゆとりがないから。生活にゆとりがないといってもそれは金銭的なことだけでなく、時間的な余裕も精神的な余裕も持てないからです。
女性が1人で子供を育てるのは大変なこと。生活費を稼ぐために仕事をしなければなりませんし、子供の世話や家事だってあります。それだけこなすのにも睡眠時間を削らなければならないほど。恋愛を楽しむ時間なんて持てるワケがありませんよね。

仕事だって育児や家事との両立を考えながらしかできませんから、金銭的なゆとりが持てるほどの収入を得るのは難しいもの。そのため自分のために自由に使えるお金の余裕がない方がほとんど。ゆとりがあれば、子供のために貯金する!という方の方が多いと思うのです。

このようにシングルマザーとして生きる多くの女性が、時間的なゆとりや経済的な余裕が持てないために、恋愛をするほどの精神的なゆとりを持てずにいるようです。睡眠時間を削って働いて、家事も育児もして、それだけで体調を崩してしまう方だって多いみたいです。
でもそんな生活って大変すぎますし、ホントにもったいないですよね。できればもっと恋愛をして、人生を楽しく謳歌していただきたいものです。素敵な方と巡り合って、もっとゆとりのある生活を送ることができるといいのに・・・と心から思ってしまいます。

インターネットの世界には、シングルマザーの婚活サイトや恋愛したいと願うシングルマザーを応援するサイト、再婚限定の結婚相談サイトなどが数多くあります。そうしたサイトを活用すれば、時間的なゆとりのない女性であっても出会いのチャンスを掴むことができると思います。
そもそもそうしたサイトには、シングルマザーだということを前提とした交流があるため、余計な気遣いをする必要はありません。だから気楽に男性との出会いを楽しむことができると思うのです。再婚や子連れ婚OKな男性限定の婚活サイトもあるようですので、チェックしてみてはいかがでしょうか。

とはいえ、シングルマザーの恋愛には注意も必要。そこには独身時代のお付き合いとはまた違う難しい問題があるからです。
なんといってもまずは子供のことを最優先に考えなければなりません。子供の気持ちを第一に考え、行動することが大切です。またお相手の男性と子供との相性の問題もありますし、将来の可能性を視野に入れてお付き合いする必要もあると思います。

とくにお付き合いを素敵なものにするために大切なのは、お相手に経済的な依存をしないこと。結婚前から相手に頼ってしまっては経済的な支援が目的だと思われたり、自由な関係を損なってしまったりする恐れがあるので要注意です。結婚を前提としたお付き合いを望むなら、なおさら経済的な自立や自由な関係性を守るようにすることが大切なことのようです。



元彼復縁 元彼復縁 元彼恋愛復縁 恋愛元彼復縁 元彼復縁恋愛 恋愛元彼復縁

0 件のコメント:

コメントを投稿