結婚相談恋愛と恋愛の悩みや結婚相談六本木OBERON

恋愛結婚相談 恋愛相談彼氏 電話相談恋愛 


お問合せは上記からお電話ください。
六本木ミッドタウン傍です。 






モーリス・メルロー・ポンティ
一般に考えられたように、現象学的還元は、観念論的哲学の定式であるどころか、実存哲学の定式なのである。―――ハイデガーの「世界-内-存在」(In-der-Welt-Sein)は、現象学的還元を基礎として、はじめて出現しえたのである。

科学は知覚された二つの線が、実在の二つの線と同様、等しいか不等かのいずれかであることを要求する。そして両義性ないし「ぶれ」(bougé)を許容し、文脈によって形が決定されるということが、知覚された物の本質に属することを見ようとはしない。

われわれが現象学の統一性とそのほんとうの意味とを見出すのは、ほかならぬわれわれ自身のうちにおいてである。大切なことは、典拠を数多く並べることではなくて、われわれにとっての現象学を定着し、客観化することである。

意識は絶えず自己の歩みを捉え直し、同一のものと認知できるような一個の対象のうちに収約し定着させ、次第に「見る」事から「知る」事へと移行しつつ自己自身の生の統一を獲得する。

あらゆる色は、その最も内面的な本質においては、外部に現れた事物の内的構造にほかならない。金の輝きは我々にその等質な組成を、木材のどんよりとした色はその異質な組成を感性的に呈示する。



復縁相談と元彼の気持ちを探る

恋愛結婚相談 恋愛相談彼氏 電話相談恋愛 


お問合せは上記からお電話ください。
六本木ミッドタウン傍です。 





結婚相談恋愛

丸山眞男

日本に独裁者がいないのは、日本が個人からなる国家ではなくて蜜蜂の集団のようなものだからだ。

デモクラシーの本当の基礎です。

うそとか現実とかが自然的直接的所与からの距離の程度を意味するとすれば、むしろ近代精神はうそを現実よりも尊重する精神だといつてもいいだろう。実はそれがまさに媒介された現実を直接性における現実よりも高度なものと見る精神ということなのだ。

その法が成立する過程において抵抗が強ければ強いほど、できた法の運用をする当局者は慎重にならざるをえない…破防法はワーワー反対して騒いだけれども現実にはあまり適用されていないではないかといいますが、あれだけ反対があったからうっかり適用できないんです。

日本の政治史を見るとよくわかる。普通には残虐な支配はないが、いつたん権威信仰の雰囲気的なわくに入つて来ないとみると逆に非常に残虐になる。…徳川時代のキリシタンに対して、また現代の思想犯に対して、支配者がいかに残虐にふるまつたかがこのことを物語っている。

「おどかし屋」と世間から思われたくないと思って周囲に適応しているうちに、嘗てならば違和感を覚えた光景にもいつしか慣れ、気がついたときは最初立っていた地点から遠く離れてしまった…ナチのようなドラスティックな過程でさえ、市民の実感にこのように映じた。

「専門バカ」のインテリはたしかにいる。しかし「専門」さえもたない「インテリ」評論家の知性とは一体何だろう。むしろ庶民バカの方がまさること数等である。

インテリの「大衆」にたいする負い目の感情とないまぜになったものわかりのよさは、私にむかつくような嫌悪感を与える。創価学会を一概にファッショというなといった評価の仕方にそれを感じる。

典型的なデモクラシー国家においても大衆は巨大な宣伝及び報道機関の氾濫によって無意識のうちにある一定のものの考え方の規制を受けているのである。

恐ろしいのは最初は東亜共同体とか共栄圏ということを「おまじない」のつもりで使つていても、いつの間にか自己偽瞞によってそういう思考法が身についてしまうことです。