恋愛結婚相談、貴女が人生の決断をするとき

恋愛結婚相談 恋愛相談彼氏 電話相談恋愛

お問合せは上記からお電話ください。
六本木ミッドタウン傍です。 




結婚恋愛相談 結婚出会い相談

一度で成功できなかったら、もう一度だけやり直すことだ。
ピーター・ドラッカー

試してみた? 失敗した? かまうことないよ。もう一度やって、もう一度失敗して、でも今度はじょうずに失敗するんだよ。
サミュエル・ベケット 

僕たちの時代を悪く言うのはやめよう。これまでの時代にくらべて一層悪いということはないのだから。
サミュエル・ベケット 

もし時々失敗することもないというのなら、それはあなたがあまり革新的なことをしていないという証拠だ。
ウディ・アレン 

この世に、粘り強さに勝るものはない。才能?才能があっても成功できなかった例は枚挙にいとまがない。天才?報われない天才という言葉は、すでに決まり文句になっている。教養?世の中は教養ある浮浪者であふれている。粘り強さと断固たる信念だけが、無限の力を持つ。
カルビン・クーリッジ 

成果がなかったということは、無意味だったということではない。たとえば、恋愛に成功しなかったということが、無駄だったとか、心を痛めただけだったということを意味しているのではない。なぜならば、その苦悩の中で人はたくさんのものを得るからだ。
ヴィクトール・フランクル

復縁はするべきか?別れた理由を今一度考えましょう、復縁相談元彼🍇

恋愛結婚相談 恋愛相談彼氏 結婚相談恋愛 

お問合せは上記からお電話ください。
六本木ミッドタウン傍です。 



結婚に目覚めたら、恋愛相談のプロに聞こう!

「結婚することに、何の意味があるのか」という問いかけに世間の反応も様々ですよね。女性の社会進出や晩婚化から、1人でいる方が気楽だという意見もよく耳にするようになりました。

また、草食系の男性も昔より割合が増え、男性の方から告白することも少なくなってきているかもしれません。

けれど、年齢を重ねるたびに、このまま結婚しなくてもいいのだろうか?という疑問が浮かんできませんか? 身近な友達が次から次へと結婚し出すと、これまでとは様子がだんだん変化していきます。前はしょっちゅう飲んだり食べたり、旅行に行ったりしていた友達も、あまり出来なくなってしまった、なんてこともあるでしょう?

ずっと好きな彼と一緒に居られる幸せ。結婚という選択も、本当はアリかもしれない!と思ったら、恋愛相談の出番です。

ただ、彼氏をつくろう!と思っても、やはり、結婚を前提とした彼となると、いい加減な恋愛はできません。結婚を見据えた恋愛相談で皆さんが望むことは、一生の伴侶として納得のできるパートナーとの出会いではないでしょうか。

まずは、仲の良いお友達に恋愛相談を持ちかけるケースが多いですよね。友達ならば、あなたの性格も好みもだいたいわかってくれているから、知り合いの中からチョイスしてくれるかもしれません。友達の結婚式=出会いの場となったり、スポーツクラブなどへ通ったり、同窓会への参加も出会いのきっかけに。

けれど、なかなか出会うことができないと、焦ってしまいます。もし、子供が欲しいと思っている場合は、なるべく若いうちに産んだ方が安心だという事も言われています。また、遠慮なく口だししてくるのが家族。愛するわが子を心配するあまりのこととはいえ、結婚しろ攻撃から逃れたくもなるでしょう。

一口に恋愛相談といいますが、恋愛相談にはさまざまな悩みを抱えた方がいらっしゃいます。恋人や結婚相手を探している人、失恋から立ち直りたい人、復縁を願う人、逆に別れたい!という相談まであるのです。いわば、恋愛相談の担当者は恋愛や結婚に関するプロ。これまで受け持ってきた恋愛相談数の多さから、より素敵なパートナーと巡り合うための、いろいろな方法を導きだしてくれるでしょう。

結婚したい!という想いも理由も、人によって違います。求めているものがあたたかい家族なのか、一生を共にできるパートナーなのか。安らぎを追い求めているのか、それとも経済的な安定を最も望むのか。自分のことは自分が一番わかっているつもりでも、恋愛相談で話していくうちに、これまで見えなかった何かが解ってくるかも! ぜひ恋愛相談を活用してください。

🍇




モテたからって恋愛や結婚に発展するわけではない

「モテる」とはどういうことでしょうね。
多くの男性から告白されること?
たくさんの男性とお付き合いすること?
自分がいいな…と思っている人も自分を好きになってくれること?

学生時代は、友人と恋バナを楽しむものです。好きな人の話しやどうやって告白しようか、カレへのプレゼントは何がいいか…などの恋愛相談は、カレといる時よりも楽しかったかもしれません。当然、その話には「モテる」あの子の話しも入っていましたね。学校中の男子を夢中にさせたマドンナ、はどこの学校にもいたでしょう。

けれども、そのマドンナはみんなと楽しく恋愛相談したことがあるのでしょうか。好きな人がいたのでしょうか。自分が好きな人とお付き合いできたのでしょうか。あれだけ人気があったのだから、みんながうらやむ人と結婚したのでしょうか。

もしかしたら、意外と好きな人と結ばれて結婚…とはなっていないかもしれません。モテる要素は、外見だけではなく口調や仕草など全体的な雰囲気も含まれます。ステキな部分が前面に出過ぎて、異性からなかなか本来の自分を見たいと思ってもらえるまで至らない場合も多いでしょう。逆に、同性からは煙たがられることもありますよね。

それは、学生時代だけに止まらす、その後も続いていることも多いのです。そうすると、モテるというだけで、結局誰ともつながれず、恋愛相談をしたくても、結婚を考えたくなくても軽くあしらわれてしまうこともあるでしょう。そうすると、彼氏をつくっても実は二股だった、結婚を前提にしていたつもりが既婚者で不倫だった…そんな不幸なケースもあり得ます。

異性にモテることと、異性に慣れていることは同じではないのでしょう。学生時代に、恋愛相談を通じて同性の中で揉まれたり、告白をして失恋をしたり、交際してもうまくいかなかったりすることで、自分の恋愛パターンを見つけていくことが難しい人もいます。モテる人生だったからこそ、結婚だって周囲が納得する相手にしなくては…と慎重になってしまいそうです。

他人の目を気にせず、素直に恋愛相談や結婚相談をすることができる場もあります。過去の自分を知っている人に、今悩んでいることや不安なことを話すことができますか?自分自身の人生を歩むために、これまでの恋愛について、今の恋愛相談を全く知らない相手に相談する機会を持ってみるのはどうでしょう。もう一度スタートポイントに戻って、恋愛相談から始めてみませんか。

恋愛も時間の経過で本性が見えてくる、そこで引き返すか?恋愛相談

恋愛結婚相談 恋愛相談彼氏 電話相談恋愛 


お問合せは上記からお電話ください。
六本木ミッドタウン傍です。 




結婚は鳥カゴのようなものだ。カゴの外の鳥は餌箱をついばみたくて中へ入りたがり、
カゴの中の鳥は空を飛びたくて外へ出たがる。
byモンテーニュ

夫が妻にとって大事なのは、ただ夫が留守の時だけである。
byドストエフスキー

正しい結婚生活を送るのはよい。しかし、それよりもさらによいのは、ぜんぜん結婚をしないことだ。
そういうことのできる人はまれにしかいない。が、そういうことのできる人は実に幸せだ。
byトルストイ

男と女というこうも違った、また複雑な人間の間で、互いに良く理解しあい、
ふさわしく愛するために一生を費やして長すぎるということはない。
byコント